イエカエル塾 - これからの賢い家づくりを学ぶ!

家づくりの秘訣がよくわかる!「これからの家づくり講座」

人生最大の買い物と言われる住宅購入。新築住宅ならなおさらです。だから失敗できない。ただきれいなだけとか、オシャレなだけではなく、本物の家を持ってこそ始めて家族のシアワセが待っています。
さあ、私たちイエカエル独自編集の「これからの家づくり講座」をじっくり読んで、家を建てるための参考にしてくださいね!

「これからの家づくり講座」トップ

資産・財産として価値ある家づくり
なぜ日本の住宅は値段が高いのか

なぜ日本は住宅の値段が高いのでしょうか。住宅が車や電化製品などと異なる1つのポイントは車や電化製品はメーカーの工場で作られるのに対して、住宅は現場で作られるということです。

全国展開している住宅会社も、地域密着で行っている住宅会社も、基本的にその住宅は、地元の大工さんによって建築されます。ということは、全国展開している住宅会社で契約しても、地域密着で行っている住宅会社で契約しても、同じ材料、同じ職人さんが住宅をつくれば、同じ住宅ができあがるということになります。

それにも関わらず、その両者の住宅の値段が同じであるかというと、決してそうではありません。住宅の価格というのは、材料代、職人さんの手間賃に加えて、会社の運営経費を加えて決まってきます。ということは、同じ住宅でも運営経費の多少によって、住宅の価格が異なるということになるのです。

会社の運営経費とは、会社の規模にもよりますが、その殆どは人件費や広告費などの販売管理費です。もちろん、これは私たちに住宅を供給してもらう上で必要な経費ですが、必要以上に営業経費をかけている会社は材料はそこそこだけど、価格は一流、ということになりかねません。