イエカエル塾 - これからの賢い家づくりを学ぶ!

家づくりの秘訣がよくわかる!「これからの家づくり講座」

人生最大の買い物と言われる住宅購入。新築住宅ならなおさらです。だから失敗できない。ただきれいなだけとか、オシャレなだけではなく、本物の家を持ってこそ始めて家族のシアワセが待っています。
さあ、私たちイエカエル独自編集の「これからの家づくり講座」をじっくり読んで、家を建てるための参考にしてくださいね!

「これからの家づくり講座」トップ

ライフサイクルコストが少ない家づくり
省エネ住宅を正確に表す『住宅の一次エネルギー消費量』

住宅の省エネ性能を表すために、日本ではQ値・C値と言った指標が用いられます。これらは壁の断熱性能や住宅の気密性能を示すものですが、必ずしも省エネ性能を正確に反映しているとは言えません。

そこで、海外の基準としてよく用いられるのが『住宅の一次エネルギー消費量』。これは『kWh/㎡・年』という単位で示されるもので、1年間に1平米あたり何kWhの熱量が消費されるかを示しています。

日本では、100kWh/㎡・年を超える建物が当たり前のように建てられています。しかし、ドイツでは、15kWh/㎡・年という建物が大手のハウスメーカーはもちろん、地元工務店でも建築されています。この省エネ性能の違いが、光熱費の差となってくるのです。